ブログ

  1. アストロウッドパネルパート3 オートガレージヒデ

    表面剥がしと加工が終わり、いよいよニス入れになります。見ての通り、素材が違うので色が中々合わないのですが、少々強引ですがニスを厚塗りして何とか色を似た感じにします。

  2. ウッドパネルパート2 オートガレージヒデ

    途中で、凄い事を発見。クリアーが、たまたま捲れてる所を発見!もしかしたらと思ってヘラを突っ込んでみた(笑すんごい分厚いクリアー層、しかもビニールっぽくもある感じ削るのと対して時間は変わら無いが粉まみれにはならない。で、めくりまくった。

  3. ウッドパネル加工アストロ オートガレージヒデ

    以前に施工したアストロ今回さらにウッドパネルの追加加工全部で12点。しかもそこそこでかいこの分厚いクリアーを剥がして全部の色を合わせるためにニス加工一個剥がすのに30分以上かかるツワモノです。

  4. トランク完了 CR-Zオーディオ オートガレージヒデ

    やっとトランクの作り物が完成!最後にエンブレムがあったのでブラックにペイントして装着。今日は涼しくて作業もスイスイ進みました。あっという間に夏が過ぎて行くような感じ作業はこちら。細かいパーツを4個ほど製作しました。

  5. 残るは2つ CR-Z オートガレージヒデ

    今日は2度目のUP残るパーツは後二つ。ここのパネルが出来ればOKです。結局リアシートはそのまま(笑)見事にトランク潰しちゃったので、せめてもの荷物スペースさあ、あがりましょう。

  6. 後ちょっとCR-Z トランク オートガレージヒデ

    イキナリ懐かしいウーハーが載っかってますがあくまでもイメージです(笑ストローカー重いので、ちょっと載せてみようという気にはなりませんね。もう20年くらい前のウーハーですね。後は前側の化粧パネルを作れば完了ですね。

独自のカーセキュリティシステム構築

どんなに優れたセキュリティシステムでも、その性能をフルに発揮し、本当の意味でのセキュリティとなるか否かは、取付け作業で決まると言っても過言ではありません。配線の取り回し、各センサーの設置方法、ダミー配線の設置など、これまでに数多くの車両へのインストール実績からなるノウハウで、貴方の愛車を強固にガードするシステム構築をお届けします。

ハイレベルな構成力・セッティング & 加工技術

ノーマルクラスのシステムでもセッティングで別物に変わります。ハイグレードなシステムでも特性を理解した取付け技術がなければ真のサウンドを奏でる事は出来ません。“オートガレージヒデ”では、お客様と入念に打ち合わせをさせていただき、理想のサウンドをお届けいたします。

Super Pro Shop

オートガレージヒデは、各メーカーに認定された “正規販売取付店=SPS(Super Pro Shop)” です。取り付けからアフターサービスまで、全てを安心してお任せください。

more info ▶▶▶

Grgo
cerwin vega
ESX CAR AUDIO SYSTEM
AD DESIGNS
HERTZ
audison
AURIX

card
ページ上部へ戻る