CAR ELECTRONICS

iceparts

ICE FUSE (アイスフューズ)

ICE FUSEとは

液体窒素を使って極低温に冷やしたフューズです。
極低温に冷やす処理方法はクライオジェニック処理とも言われ、世界各国の様々な分野で活用されている熱処理方法です。

この処理は、NASAのスペースシャトル、油田開発、超電導の配線の開発、金型や刃物の強度アップ、ドラッグレース、医療、トランペットなどの管楽器、エレキギター、オーディオのケーブルなどです。最近では液体窒素を使って急速冷凍させるスイーツも話題となっています。

冷やすことでそのフューズに何が起こっているのかというと、
大きく3つの要素があります。

・金属の分子配列が整い電気抵抗値が下がる。
・金属の中にある不純物が除去されて純度が高くなる。
・金属の表面強度が上がり振動のモードが変化する。

この3点を利用して車の電気の流れるロスを少なくしようと考えたのです。

金属は絶対零度(約-273℃)の状況下では電気抵抗値が限りなく0(ゼロ)になる超電導が可能な状態になると言われています。

この中で処理を行います処理工程は、コンピューター制御キンキンに冷えてます(笑)

 

 

 

 

 

極低温でも超電導に近い状態となり、そして冷やされた状態から常温に戻す時、“一定の条件をそろえる事により”その状態のままとなることが発見されました。

簡単に説明すると、このICE FUSEは 超電導に近い状態の通電が可能なフューズだということです。

フューズの歴史

フューズは、電気回路の保護が目的とされ、1880年頃 エジソンのパテントの中のひとつにあるとされています。現在でもあるガラス管フューズは1910年頃から出てきました。現在の自動車用フューズは、性能やコスト・省スペース化で様々な形で生産されています。

ICE パーツ【クライオジェニック処理パーツ】

オーディオ機器や車輌に装着されているヒューズやケーブルを【クライオジェニック処理】を施したハイグレードな製品に交換する事により、電流のロスを抑える事が可能になります。ベースとなるヒューズは、国産車にも純正採用される日本製のシルバーメッキヒューズ(ATO・ATCタイプはスズメッキ)と同等のモノを厳選し、ヒューズとしての基本性能・品質にもこだわっております。

Lineup ▶▶▶

車のパーツやカーオーディオのパーツに、このクライオジェニック処理を利用することで、新しい走りのパフォーマンスやカーオーディオの音質の変化を体感して下さい!

 


* ICE FUSE receives technical assistance of EXCT of SQI company.

 

ページ上部へ戻る