ブログ

負荷を軽減でもって更に オートガレージヒデ

タイトル通りですが、これEXCフューズに交換して取り外した物

よ〜く見てくださいね。家でもブレーカーがあるように当然車にはあるフューズ

足の太さに対してアンペア数で当然何かあったら切れる部分は細い

でもって挿さってる足にスジが入ってるのがわかるでしょうか?

足の面積こんなにあっても実際はこんな線というか点で挿さってます。

フューズも進化してますし交換する時わかるんですが

最近の低背フューズなんかは、かなり接圧があり抜けません。

少しでも何とか負荷を減らそうと考えているんでしょうか。

それでも、大きい面積で繋がってる訳では無いので、当然抵抗になります。

この部分一個一個が抵抗になってるって考えたら当然流れも悪いですね。

最近当店で売れてるフューズ。規格ものですので形は変えられませんが

ここの抵抗が一気に減って電気がバシバシ流れたらどうなるかは想像できますよね〜

言い換えれば、車遅いから抜けの良いマフラーに交換してパワーアップみたいな感覚

車は電気と燃料で動いてる訳で燃やした後のことばかり考えるより燃やすために働く電気を良くしたら

結果として走りにも影響してきます。

わかりやすく説明してるはずがわかりにくくなってしまったかな?

 

 

E46

代車のBMWはまだちょっとクーラント臭かったので周辺洗浄してしばらくエンジンかけといて漏れとかチェック

修理はバッチリだったようです。

 

 

最後に甲子園ネタですが、母校の関東一高、残念ながら決勝には残れなかったけど

諦めず3点取った時うるっと来てしまった。

諦めない姿勢、大切ですね。

関連記事

OFFICIAL BLOG

ARCHIVE

card
card
cerwin vega
ESX CAR AUDIO SYSTEM
AD DESIGNS
HERTZ
audison
AURIX





ページ上部へ戻る