ブログ

シルキーシックス E24 オーディオ

シルキーシックス

E24 BMW6シリーズを専門とするお店

今回はこのお店の今年バージョンのデモカーのオーディオを担当させていただきました。

ベースとなる車両はバブル全盛期のベンベ〜〜

今は皆BMWと呼びますが昔はベンベーーと呼んでいたのです(笑)

バブル全盛期、僕の親父もこのベンベーを買い

僕がこっそり夜に乗り出してナンパに勤しんでいました(笑)

当然時代で言えばカセットデッキ

純正オプションでSONYの10連層CDチェンジャーが付いたのが最先端の時代でした。

その頃から数十年

今でもかっこいいそのE24をこれからも残していきたいと言う

シルキーシックス様とタイアップ

提案したのは当店でしたが、まあ無理難題が多数

普段なら躊躇しないで切ってしまう鉄板も無加工でとか

いろいろ難題が多数

結果、この車両においては、いろいろ譲歩いただきましたけどね。

 

だって、10センチのスピーカーすら何もしないと入らないって今まで無いですもん(笑)

そこで提案したのは、現行のBMW(ベンベーではありません)のトレードインを付けると言う簡単そうな感じでスタート

 

 

ところがどっこい

 

このスピーカーの厚みですら邪魔になるという事件

 

5mmが立ち憚かる。

 

どんなに薄くする努力をしてみても厳しい

ごめんなさい。1cmだけ削りました。切っちゃだめと言われたので削りました。もはやそういう感じで

逃げるしか無いような〜〜〜(笑)

この状態でも純正のカーペット被せたら分かりませんけどね。

それをクリアーしたら次は低音。10cmじゃどう頑張っても高域しか出ません。

スッカスッカな音です。でも〜〜ドア切って16cmとかも無し。

いろいろ考えて現行BMW交換タイプの薄型ウーファーを投入

これも、車に穴を開けることなく(カーペット3cmカットしました)以外は無加工

何とかいけました。

次はソースユニット

ノーマルのカセットとかがついてるまんまが雰囲気はそのままなんですが

この車両は既に社外品

その上奥行きの問題からカロのメディアプレーヤー

既に見た目悪い

そこで、オーナーである社長の意見を取り入れて選択したプレーヤー

最近風でありながらもやりすぎない仕様をチョイス。

 

 

あっ!これも作ってますが、純正パネルは無加工。しかもビスも全て純正位置なので戻せます。

 

USBはデジタルで伝送

ワイヤレスではブルトゥースで!

おかげで車両編負担も軽減出来、重量増もなし

スマホとUSBがあればOKという最近の新車並みにシステムアップ

最先端を取り入れながらも主張はしないスタイルを構築

エンジン音も良いですし、マフラーの音も良いと思います。

ただ、音楽を聴いてリラックスする時間があっても良いと思います。

 

 

だって、レーサーじゃないし、ドライブや旅行に愛車と行きたいですもんね。

 

 

 

PSこの車で音にこだわっちゃうならドア切っちゃって〜〜〜〜!!!

 

 

====================================

カーセキュリティー

カーセキュリティー ゴルゴ(Grgo)

カーセキュリティー パンテーラ(Panthera)

カーオーディオ

カスタムオーディオ

ガラスコーティング

フロッキーコーティング(植毛塗装)

HID(キセノン)

各種施工後用命はオートガレージヒデ迄

〒274-0073千葉県船橋市田喜野井5-20-6

TEL047-468-4030

info@ag-hide.com

http://www.ag-hide.com

=========================================

関連記事

OFFICIAL BLOG

ARCHIVE

card
card
cerwin vega
ESX CAR AUDIO SYSTEM
AD DESIGNS
HERTZ
audison
AURIX





ページ上部へ戻る